痩せる最強みそ汁?長生きみそ汁の作り方・1週間試した結果

スポンサーリンク

 

2019年2月15日放映のTBSテレビ「金スマ」で順天堂大学医学部教授 小林弘幸さんが考案した“長生きみそ汁”が紹介されました。

放送内容は1日1杯、そのスペシャル味噌汁を飲むだけで10日間で体重が−3.5kg!そして痩せるだけでなく、血液年齢の若返りや体の不調が改善されるというものでした。

番組で紹介されていた味噌汁の作り方、実際に試した結果を紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

長生きみそ汁とは

 

自律神経や腸の名医である順天堂大学医学部教授の小林弘幸さんが考案されたみそ汁です。

著書の「医者が考案した「長生きみそ汁」」はベストセラーとなっています。

この長生きみそ汁は赤味噌・白味噌に玉ねぎやリンゴ酢を加えたもので、1日1杯飲むことで、がん・糖尿病・動脈硬化などの病気を遠のけ、体の不調を改善させる効果があるとされています。

 

長生きみそ汁の効果

 

主な効果は以下のとおりとされています。

  • 自律神経のバランスを整える
  • 腸内環境を整える
  • 血液がサラサラになる
  • 生活習慣病の予防
  • 慢性疲労の改善
  • メンタルトラブルの予防
  • 老化のスピードを抑える

みそ汁を飲むだけでこれらの効果があるとは驚きですよね。

 

長生きみそ汁のレシピ

材料

 

 

※みそ汁10杯分の味噌玉を作る場合

  • 赤味噌 80g (大さじ4と1/2程度)
  • 白味噌 80g(大さじ4と1/2程度)
  • 玉ねぎ 150g (玉ねぎ小1個程度)
  • リンゴ酢 大さじ1

 

作り方

 

玉ねぎをすりおろし、全ての材料を混ぜるだけ!

 

 

完成です!

 

保存方法・日持ち

 

保存は冷凍庫での保存になります。日持ちは2週間ほどです。

100均などで売っている製氷トレイに入れるとぴったり10個分の味噌玉となるそうです。

ただ、私は持っていないため、ジップロックに入れました。

 

 

これで冷凍庫に保管し、味噌汁を飲むときに普段の味噌の要領で1杯あたり30g、お湯に溶かせばOKです。

凍らせてもカチカチに固まることはないので、使いやすいです。

 

 

作ってみた感想

 

玉ねぎをすりおろしのが大変だったので、2回目からはハンドブレンダーを使用しました。

お子さんがいる場合は玉ねぎをすりおろしたほうが飲みやすいですが、玉ねぎが嫌いでなければすりおろす必要はないのかなと思います。

味噌汁を作るたびに準備するのは大変なため、まとめて味噌玉を作っておくのは便利でした。

味は、玉ねぎが効いてます!リンゴ酢も少し感じます。また、赤味噌の味が強く、白味噌はあまり感じませんでした。

 

 

みそ汁を飲むときの注意点

 

番組で紹介されていた注意点です。

  • 食事の最初にみそ汁を飲むこと
  • 多くても1日2杯までにすること

食事の最初にみそ汁を飲むことで、血糖値の急上昇が抑えられるそうです。1日2杯までというのは、塩分の摂りすぎになるためです。

みそ汁は朝昼晩、どのタイミングでも良いそうです。

 

 

体重の変化

 

1週間、毎晩このみそ汁を飲み続けた結果…

【BEFORE】…68.3kg

 

【AFTER】…66.9kg

 

マイナス1.4kgでした!(ちなみに、こちらは私ではなく夫の体重です…!笑)

このみそ汁を飲むだけで、他に食事制限や運動は行なっていません。それでこの結果は素晴らしいと思います。

痩せるだけなく、体にいいことづくしの最強みそ汁、これからも続けてみたいと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました